出会い系にハマって12年 やっぱりやめられん!

出会い系ができ始めたころから出会い系を利用して現在は相当な数の出会い系を利用し、たくさんの女性と出会ってきました。

世間では出会い系は怖いとかあまりいいイメージがないのですが
出会い系はほんとにおもしろい、ツールで恋人や寂しさを紛らわしたり、自分を幸せにできるツールです。

この出会い系の使い方、出会い方についてを詳しく書いています。

なぜここまで出会い系にハマったのか?

私はすでに40半ばですが、出会い系でかなりの女性と出会い、口説き落としています。

こう聞くと「なんでおっさんがそんなに出会えるのか?」「出会うまでもっていったとしても相手はおっさんだと嫌がらるんじゃないか?」と思うと思います。

結論からいうと全く問題ないということです。

出会い系は僕のようなモテない男性でもガンガン出会えるツールだからです。
大げさではなくこれはホントの話。

実は職場の後輩が20代なので一緒に出会い系をやるときがありますが、全く負ける気配はありません(笑)

女性からみた男性は、だいたい35歳くらいから、「お兄さん」から「おっさん」に変化していくようですが、あまり女性はおっさんでも気にしないんだなってことがほとんどです。

まあ、ハタチ前後くらいの女の子にとっては、アラサー付近から「おっさん」と捉える場合もあるようですが・・・。

そもそも出会い系の利用者もおっさんばっかりなので慣れてるってのもあるんでしょう。

かく言う僕も、アラフォーの領域に足を踏み入れて立派なおっさん生活を満喫している訳ですが、やっぱりこの歳になっても若い子への憧れが消えることは全くありません。

出会い系サイトで女性を検索していても、同年代をターゲットにアプローチするのが無難だと頭では分かっていながら、実際には20代の女の子ばかりファーストメールを送っていることがほとんどです(笑)

しかし逆に考えると、若い子へのアプローチが許される場でもあるのが出会い系なんです。
既存のリアルなコミュニティでは難しい、歳の差男女の共存、これこそが出会い系の大きなメリットの一つとも言えます。

今回は、アラフォー男性が20代の女性と出会い系を通じて仲良くなるにはどうすればよいか、という設定をイメージし、その方法を考えていきたいと思います。

・相手女性の希望年齢をチェックする

どの出会い系サイトでも、女性のプロフィールに男性への希望項目か設定されている事が多く、その女性が何歳から何歳までの男性とやり取りしたいのかが分かります。

20代の女性の中にも、アラフォー男性が相手としてOKな女性は決して少なくないので、積極的にアプローチしてみましょう。
女性によっては自己紹介文で「年上好き」を明言している人も多いです。

逆に希望年齢の上限がコチラの年齢と掛け離れている女性に対しては、どんなにコチラのプロフィールやメールの内容が魅了的なものであったとしても、返事はほとんど期待できません。
場合によっては「プロフィールちゃんと読んでますか?」などとわざわざひと言言ってくる女性もいるので避けるのが賢明です。

・あくまでも落ち着いた感じの大人な雰囲気で文章を書く

相手が若いからといって、無理に絵文字や顔文字を多用したメールはNGです。
ただただイタい印象だけを与えかねません(笑)
また、いきなりタメ口のみで語りかけるのも頂けません。

年上好きな女性は文体からも落ち着いた印象を受ける場合が多いので、コチラも極力普通な感じの文体を心掛け、絵文字や顔文字などの使用頻度も相手の文体に合わせる感じで文章が書ければよいでしょう。

敬語を主に利用した文体で相手に語りかけ、たまにタメ口を放り込むくらいの感じがベストだと考えます。

もちろん、ある程度仲良くなってきたら、お互いにタメ口でのやり取りを解禁し、さらに親密になれるような雰囲気を作ってあげる気配りも必要です。

・相手女性がコチラに求めていることを常に意識してメールの内容を考える

年上好きの女性が男性に対して求めるものは、頼りがいや包容力、優しさといった器の大きさ、懐の深さです。

また、経験や知識が豊富であることも、年上としての魅力を引き立てるものです。

若い女性と話をしていると幼過ぎて違和感を感じることも多々ありますが、ある意味これが当たり前の状態なわけで、基本的には相手の話を聞くスタンスで接しながら、内容に合わせてコチラの知識や経験を小出しにしていくといった流れが効果的です。

相手女性に対して、同年代や年下の男性からは味わえない刺激を会話の中でどれだけ感じてもらえるか、このことを強く意識して話を進められるように心掛けましょう。

決断力やリーダーシップを前面に出し、頼りがいのある印象を与えることも重要です。
相手が女性だからといって母性本能をくすぐるような発言は、この場合では全く意味を成しません。

いずれにしても、コチラが年相応のまっとうなおっさんに育っていさえすれば(笑)、若い男性に比べてもはるかに勝るレベルの知識や経験、年上男性としての魅力は自然に備わっているものなので、変に気張らず自分を出していけば大丈夫です。

・長期戦を意識する

年上であるなら焦りやガツガツ感は絶対に禁物です。
若い男性と同じ括りに分類されて終わります。
じっくりと時間を掛けてお互いを理解するペースをコチラの主導で作ってあげることで、相手に対して大きな安心感を与えることができます。

過去に僕が出会った若い女性とのメールのやり取りは、一番長い期間で一年近く続いたものもありました。
その間、相手がリアルに他の同年代の男性と出会ってしまったりしないか凄く不安な気持ちになることもありましたが、それはそれでもう腹を括ってガマンするしかありません。
待って待って待ち続けた分、出会えた時の嬉しさは格別なものがあります。
その彼女からあとから聞いた話では、彼女も僕との約1年間のやり取りのうち、後半の半年間は常に僕からの誘いを待ち続けていたということでした。
おっさんが体験するには余りにももったいない恋愛体験でしたね(笑)

・エロ話はNG

もう言わずもがなです。
少なくとも実際に出会えるまでは絶対に我慢しましょう。

以上、ポイントを5つ挙げてみましたが、このような事を意識して臨めば若い女性との出会いはそれほど困難なことではありません。

僕が今までに出会って付き合った事のある、一回り以上も離れた年下女性は、だいたいが次のような家庭環境で育っていました。

  • ・両親が離婚(特に父子家庭)
  • ・一回り以上離れた年上の兄や姉の存在
  • ・しつけが厳格(特に幼い時期)

年上の人間が身近な環境にいたり、両親からの愛情を満足に感じ取れていなかったりした場合に、年上好きになる傾向が多いようです。

ちなみに、優柔不断で甘えん坊、Mっ気の強い男性は、そのままのキャラでは年下女性と上手くいく可能性は限りなく低いでしょう。

その性格はまさに、年上好きの女性の性格そのものだからです。
お互いに相反する要素を補完しあえる部分が多いほど相性が良くなることは言うまでもありません。

僕自身もどちらかと言うと優柔不断で甘えん坊気味、本来はかなりMっ気の強い性格なので、素のキャラでは年上の女性に受け入れられやすいのですが、さすがにアラフォーの身で年上の女性が相手という状況は極力後回しにしたい形なので(笑)、20代の女性とやり取りする際は無理矢理キャラを作る意識を強く持つようにしています。

また当然ながら、若い世代の女性を狙う男性は出会い系の世界には多数存在するので、ライバルの多さは覚悟しなければなりません。

なので、ライバルである他のアラフォー男性に比べて、頭一つリードできるプラスアルファな要素が持てることも重要です。
これに関しては、相手女性一人ひとりに合わせて戦略を考えていけるとよいでしょう。

例えば相手女性に趣味があれば、それに対しより深い造詣をアピールできたり、さり気なくお金持ちであることを匂わすことができたり、相手女性が興味を持っている事に対して深い知識や経験を示す事ができたりすると、相手にとっての存在感が増す可能性は大いに高まります。

最後に、何より一番大事なことは、相手女性に対して最大限の思いやりをもって接する気持ちを持ち続けることです。

一回り以上も歳が離れた若い女性とのやり取りが慣れてくると、自然とコチラの態度が傲慢になったり相手を下に見たりといったふうになりがちですが、途端に相手は離れていってしまいます。

僕も過去に、仲良くなった年下女性からの相談話に対し、配慮に欠ける発言をしてアッサリと去られた経験が数回あります。
いずれも相手を子供扱いしてしまったことが原因であり、百年の恋も一瞬で散りえるということをまざまざと実感しましたね。

相手に対する気持ちは、必ず文章に雰囲気として表れます。
相手女性を思いやり、大事にする気持ちを捨てずに接し続けることができれば、いずれ必ず若い子との出会いは成功するでしょう。

なお、婚活系のサイトは歳の差を現実的にみられる可能性が高いので、定額制ならラブサーチ、ポイント制ならワクワクメールやハッピーメールなどがオススメです。

アラフォー世代の男性は、数年後にはもう現実的に熟女しか相手にできなくなるかも知れないところまできています。
年上男性としての魅力をふんだんに活かせるこの時期こそ、チャンス溢れる出会い系で大いに頑張りましょう。